読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FoxHoundのブログ

仕事から趣味まで色々と徒然なるままに書きます。不定期更新です。

来週は

どうも、FoxHoundです。


ええ、来週はついに本命としている福津市の職員採用試験です。
私の将来を賭けた一戦になります。


さあ、頑張っていきませう。



追記(こっちが本編?)


軽く仮眠を取っているときに見た夢


どうやらNHKに解約の電話をしていたようだ。


私「あー、もしもし。テレビ壊れて受信できないんで解約したいんですけど。あと、クレーマーじゃあないんだから内容の録音止めろ。」

NHK職員「解約のお手続は承りますが、内容の録音を止めるということは当社の規則によってできませんので。」

私「やかましい。別にクレームでもないし、単なる解約やろうが。ガタガタ言わんで止めれ。できんなら上司呼べや。」

NHK職員「すいません。本当に止められないんです。」

私「何で止められないんですか?規則が〜だけじゃあ根拠としては弱いですよ?」

NHK職員「何でと言われましても…。」

私「はっきりとお答えすることができないんですね。でしたら止めて下さい。」

NHK職員「ですから規則で…。」

私「もういいや。あんたじゃ話にならんからとにかく上の偉いの呼んでくれ。」

NHK職員(上司)「はい、お電話代わりました。NHKコールセンターの○○と申します。」

私「あ、どうも。単刀直入に言わせてもらいますね。どうして、解約の電話で内容を録音するんですか?解約の電話でしたら録音の必要はありませんよね?それについての明確かつ適切な回答をお願いしたいのですが?」

NHK職員(上司)「いえ、あの、NHKとしてはですね、視聴者の皆様からのご意見を承って局の運営、番組の編成を云々〜」

私「なるほど、結構です。とりあえず、そちらに内容録音を止める気がないということが十分に理解できました。解約のことについてですが、受信機(テレビ)が壊れてしまって、受信できない状態なんですよね。だから、解約したいんですが。」

NHK職員(上司)「そうでございましたか。それでございましたら、解約のお手続書をお送りいたしますので、お名前とご住所を頂いてもよろしいでしょうか。」

私「は、何言ってんのあんた。内容を録音してんのに、そんな個人情報を言うわけないでしょ。あまりの暑さに頭が沸きましたか。」

NHK職員(上司)「いえ、ですから、お名前とご住所を頂かないと郵送ができないのでs…。」

私「やかましい。そっちが録音止めないと言わんといってるだろうが。それも分からないほど沸いてるのか。そうならこっちにも考えがあるからそのつもりで。」


ガチャ、ツーツーツー。


という夢を見たのさ。