読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FoxHoundのブログ

仕事から趣味まで色々と徒然なるままに書きます。不定期更新です。

2号機構想(妄想編)

どうも、FoxHoundです。

 

 相棒(アンカーRCS6)の近代化改修も終わり、試走がてら通勤に使ってみている今日この頃です。

 

まあ、朝から空きっ腹でのITT(個人タイムトライアル)状態なんですけど。

 

で、職場に着いたら汗だく状態なんですけどね。

 

まあ、それは置いておいて、レーシング3に換装した結果、トップスピードが大幅に伸びてます。

鉄下駄だった時は、自宅~職場まで20分ほどかかっていたのですが、今日サイコンをみたところ、12分ほどで到着していました。

 

これだけでも十分なはずなのに、人間の欲というものは果てしないもので、2号機が欲しいなあ、とか考えている自分がいるんですよね。

 

あくまでも妄想編ということをお忘れなく。

 

フレーム:チタン

フォーク:カーボン

ホイール:とりあえず鉄下駄

コンポ:4600ティアグラ

 

こんな感じで妄想してます。

4600ティアグラについては友人のマシンのコンポアップデートで手に入る予定ですし。

 

問題はフレームとフォークなんですよねえ。

チタンバイクに乗りたいという願望は以前からあるんですが、如何せん高価過ぎるんですよ。

ライトスピード然り、パナソニック然り、エヴァディオ然り、コルナゴ然り、デローザ然り。

チタンフレームは軒並み高価。

比較的安めと言われるパナチタン(3/2.5チタン)でさえ、2016モデルで37万(税抜)ですしおすし。

コルナゴのチタニオがフレームセットだけで52万(税抜)ですしおすし。

デローザのチタニオに至っては、3/2.5で69.5万(税抜)、soloに至っては96万(税抜)とかいうブッ飛んだ価格設定ですし。

エヴァディオのペガサス(3/2.5チタン)は比較的良心的、ですが30.8万(税抜)ですし。

ライトスピードも、T1(トップレベルチタンフレーム:6/4チタン)が定価が56万(税抜)で、T7(チタン入門フレーム:3/2.5チタン)が定価18.2万(税抜)とかいう状況。

それと、TNIのチタンロードHR-Ⅲ(3/2.5チタン)で14.2万(税抜)という価格設定。

 

価格はここまでにしよう。

で、フレームに求める規格として、

BB:JIS(68mm)もしくはITA(68mm)規格であること。

まあ、この規格で縛ったらライトスピードはPF30(圧入型、軸径30mm)なので除外されるんですが。

ヘッドチューブ:上1-1/8、下1-1/4の異径ヘッドチューブであること。

トップチューブ:できるだけホリゾンタル(水平)がいい。(RSC6がホリゾンタルに近いスローピングフレームのため)

フレームに求めるものはこれくらいですかねえ。

あと、TNIだとフォークは別売りなんですよね。

できればストレートフォークがいいんですが、もし手に入るのであれば、ONDAフォークとか使ってみたいですね。

 

以上、2号機の構想(妄想編)でした。

 

・・・妄想を実現させる前に、今の職場から異動したいですけどね。